スポンサーリンク

クロネコヤマト(ヤマト運輸)の荷物追跡の手順まとめ

スポンサーリンク

投稿日:

クロネコヤマト

ネットで購入した商品がちゃんと配送されているのか、いつ届くのか知りたいという方や
荷物受け取りの時間を指定していても急な予定が入って受け取れなかったということもありますよね。

楽しみに待っていた荷物の代わりに、黄色い再配達の伝票がポストに入っているときのショックはなるべく味わいたくありません^^;

そこで、今回は基本的な追跡方法と確実に荷物を受け取るための方法をご紹介します!

基本的な追跡方法

まずはご存知の方も多いと思いますが、「荷物お問い合わせシステム」ですね。
お問い合わせ伝票番号から荷物の配達状況を確認することが出来ます。
 ※お問い合わせ伝票番号はネットで購入した商品の受け取りの場合は、購入したネットショップの購入メールなどに記載があると思います。

お急ぎの方は以下から荷物追跡サービスをご利用ください。
表示されたページにお問い合わせ伝票番号を入力して、「お問い合わせ開始」ボタンを押すだけです。

 →クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム

配達状況を確認して、配達が遅れていないか、受け取り日時に受け取れそうかの確認をしてください。
万が一、配送が遅れていたり、受け取り日時の都合が悪くなって変更したい場合は「クロネコメンバーズ」という無料の会員登録が必要になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クロネコメンバーズの登録でお得

先ほどご紹介した基本的な追跡方法では配達状況は分かりますが、受け取り日時の変更や再配達の依頼は出来ません。
あくまでもお問い合わせ伝票番号から追跡しているだけなので、クロネコメンバーズに本名や住所を登録する必要があるんですね。

詳細は以下のクロネコメンバーズのサイトをご確認ください。

 →クロネコメンバーズ

このクロネコメンバーズが便利なのは荷物の到着前に確認のメールが届く点と、
万が一受け取れなかった場合の再配達の手続きが簡単に出来ることです。

また、クロネコメンバーズ限定でクロネコポイントというポイントが荷物の受け取りや配送する側など
ヤマト運輸のサービスを使う度にポイントが貯まっていくんです^^

今ならクロネコメンバーズに登録するだけでポイントがもらえるのでお得ですよ。

 →クロネコポイント

クロネコヤマト公式アプリでさらに便利!

頻繁にネットで商品を購入する方などは追跡サービスを月に何度も使う方もいるかもしれません。
またヤフオクなどのオークション出品で自分が商品を配送する場合もあるかと思います。

そんなクロネコヤマトの利用頻度が高い方は、公式アプリを手持ちのスマホにインストールしておくと便利です!

基本的なお問い合わせ伝票番号の検索も出来ますし、不在連絡票の二次元コードをスキャンして伝票番号を入力しなくても、
再配達の依頼をすることが出来ます。

他にも先ほどご紹介したクロネコメンバーズに登録した方であれば、荷物の受け取り時の事前確認メールを
アプリのプッシュ通知でも届くようになるので、より見逃しにくくなります^^

 →クロネコヤマト公式アプリ

LINEの公式アカウントでより便利に!

クロネコヤマトは公式アプリも作っていますが、実はLINEと提携してサービスを強化してきています。
こちらもクロネコメンバーズの登録が必要になりますが、LINEのメッセージで荷物の受け取り時の事前確認や
不在通知の連絡が届くのは便利ですね。

こういった新しいサービスを打ち出してくる企業努力は応援したくなりますね^^

 →クロネコヤマト公式LINE

再配達の連絡は地域の担当者に連絡がオススメ!

さて、色々と便利なサービスをご紹介してきましたが、クロネコヤマトの個人的な不満を1つだけあげると、
荷物の受け取り時間の幅が長い!ということです。

午前中(8:00~12:00)、12:00~14:00とか時間指定が午前中であれば4時間、午後であれば2時間の枠で縛りがあります。
夜は21:00までなので、会社勤めで帰宅が遅い方はなかなか受け取れずに再配達の黄色い用紙がポストに溜まっている方もいるかもしれませんね^^;

ただ、これはちょっとした裏ワザでもあるのですが、何度も再配達の依頼をしていたり、頻繁に商品を受け取っていると
その地域の宅配担当者の方と顔見知りになってきます。

そこで、再配達の連絡をするときにクロネコメンバーズのサイトやアプリから再配達の依頼をするのではなく、
再配達の用紙に書かれている宅配担当者の方の携帯番号に直接電話するんです。

担当の方が電話に出たら、21:00に再配達に来ていただけませんか?と時間指定してお願いしてみてください。

同じ地域の荷物の配達状況などもあるので確実にOKはもらえないかもしれませんが、
担当者の方も何度も再配達で黄色い用紙をポストに入れに行く労力も考えると、
すぐに渡したいはずですから、頑張ってなんとかしようとしてくれる場合が多いです。

もちろん個人の担当者の対応になるので、担当者によって対応が変わることもありますし、
顔見知りかどうかなど担当者との関係によっても変わると思います。

近くのコンビニで確実に受け取る

最後にご紹介するのが、近くのコンビニ受け取りです。
これ知ってる人は知っていますが、近くのコンビニ留めで配達を指定することで
仕事帰りで21:00以降でもコンビニなら24時間空いているところが多いですから、
配達日当日に荷物を受け取れますよね。

詳しくは以下のページをご確認ください。

 →店頭受け取りサービス

スポンサーリンク

Copyright© ヒマニア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.