スポンサーリンク

金融機関コード(銀行コード)と支店コードの検索方法まとめ

スポンサーリンク

投稿日:

羅列された数字

手持ちの銀行などの金融機関の「金融機関コード」と「支店コード」が分からない!
とお困りの方にすぐに検索出来る方法をご紹介します。

金融機関コード・支店コードの検索

金融機関コード・支店コードの調べ方はいくつかあります。

まずは一般的な方法ですが、各金融機関の公式サイトを参考にすることですね。

Googleやヤフーで「●●銀行 銀行コード」などで調べれば、
公式サイトの情報が出てくる可能性があります。

1件調べるくらいであれば、この方法でも十分速いのですが
何度も繰り返し調べる必要がある場合はかなり大変ですよね。

例えば、会社の経理事務などで社員の金融機関コードと支店コードを調べる必要がある場合などですね。

そういった、大量に金融機関コードを調べたい場合は、
専門サイトを使う
ことをオススメします。

いくつか専門サイトがありますが、「ギンコード.com」という
サイトを今回はご紹介します。

 →ギンコード.com

このサイトは約1400件の金融機関のデータから
知りたい情報を探すことができます。

主に以下の3つの方法から簡単に探すことが出来ます^^

・名前の頭文字を選んで検索
・名前を入力して検索
・コードから銀行名を逆引き検索

また、スイフトコードという海外への送金をするための
コードも検索できますから便利ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そもそも金融機関コードって?

すでにこのページに来られている方は金融機関コードのことを
ご存知の方が多いと思いますが、念のため詳しく説明しておきます。

金融機関コードは正式名称で「統一金融機関コード」と呼ばれます。
全国銀行協会という団体内の金融機関共同コード管理委員会の管理の元で、
銀行などの各金融機関に与えられる4桁のコードのことを指します。

正式名称が長いので、金融機関コード、銀行コード、全銀協コードと呼ばれることが多いです。

主に振込や口座振替のデータ作成に用いられます。

支店コードは金融機関コードの各支店に与えられる3桁のコードになります。

この4桁と3桁のコードを組み合わせることで、コードだけでどの金融機関の
どの支店かというのが分かるんですね。

コンピューターが処理する速度を上げるために、役立っているという面もあります。

金融機関コードの割り振り

さて、金融機関コードはコード毎にグループ分けされているのを
ご存知でしょうか?

都市銀行や地方銀行、ネット銀行などは各グループ毎で
連番でつけられていくんですね。

都市銀行( 0001~0032)
信用組合(信組)( 2010~2940)
信用農業協同組合連合会(信連)( 3001~3049)
信用漁業協同組合連合会(漁協/JF)( 9450~9496)
ゆうちょ銀行( 9900~9900)
地方銀行( 0116~0199)
かつての長期信用銀行( 0396~0399)
信用金庫(信金)( 1000~1999)
労働金庫(労金)( 2950~2999)
農業協同組合(農協/JA)( 3056~9375)
ネット専業銀行(インターネット銀行)( 0033~0098)
信託銀行( 0287~0395)
第二地方銀行( 0500~0599)

かなり余談なので、正直これを知ってもあまりメリットはありませんが、
豆知識として頭の隅っこに入れておいても良いかもしれません^^

スポンサーリンク

Copyright© ヒマニア , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.